オリゴ糖の種類と良い取り方とは?

オリゴ糖とはお腹の善玉菌の栄養になるものです。
種類は大きく分けて、消化性と難消化性になります。小腸で消化しきるのが消化性、それより先まで消化されずに進むのが難消化性です。
オリゴ糖の正しい取り方とは、お腹に届きやすい環境を作ることです。血糖値を上げたくない場合は、難消化性を選ぶ方が良いでしょう。
難消化性の玉ねぎやアスパラガスなどは、日常的に様々な種類に調理しやすい野菜です。オリゴ糖の取り方を考えて毎日の習慣にすることは健康に繋がります。
消化性の醤油や味噌なども、調味料として食事の補助に使えます。難消化性のバナナやヨーグルトならば、朝食やおやつなどでお子さんにもあげやすいでしょう。
特にお子さんは便秘になると、排泄に恐怖心が出てしまうことがあります。小さい時から快便でいる様に腸内細菌を増やしましょう。
甘いものが好きな人は乳化オリゴ糖などは甘みが強く、砂糖の代用品として使うことが出来ます。
種類豊富で迷った時は、食の好みから取り方を考えてみましょう。腸内環境はきちんと改善しないと、病気などを引き起こすこともあります。
便秘を感じたら早めに食べて改善する様にしましょう。また体質によって下痢しやすいこともあるので、自分の適量も見つけましょう。

001

オリゴ糖で便秘の解消やダイエットへの効果があるの?

最近よく、テレビや雑誌などで話題になっている「オリゴ糖」。
名前はよく聞くけれど、どんなメリットがあるのかはよく知らない、という方は多いのではないでしょうか。
実は、多くの女性が悩んでいる便秘、ダイエットに大変効果があるのです。以下、その説明をします。
オリゴ糖は腸内環境を整える効果があります。大腸でビフィズス菌や乳酸菌の餌になり、善玉菌を増やしていきます。
ビフィズス菌や乳酸菌を、体外から取り入れるのではなく、自分の体の中で増やしていくのです。
また、オリゴ糖を分解するのに酸が発生します。この酸が腸を刺激して、蠕動運動を促すのです。
結果、便秘を解消することができます。また、オリゴ糖は大変低カロリーです。ブドウ糖の半分のカロリーしかありません。
ダイエットはしたいけれど、甘いものを我慢することがストレスになる、という方にはとてもうれしいポイントですね。
普段の料理やスイーツに使っている砂糖を、オリゴ糖に変えるだけでもダイエットには効果的です。
便秘を解消しながら、健康的にダイエットにつなげることができます。
赤ちゃんにも使うことができるので、家族全員の健康を考えて取り入れてもいいかもしれません。
甘いもので健康習慣、いかがでしょうか。

002

オリゴ糖を使った料理のレシピ

最近お通じの調子が良くないなぁ、と悩んでいる方、普段のお料理にオリゴ糖を取り入れてみてはいかがでしょうか。
スーパーの食品売り場やドラッグストアで簡単に手に入るオリゴ糖。液体のボトルに入っていて使いやすくとても便利です。目にしたことがある方も多いでしょう。
オリゴ糖はクセが無く甘いのでお砂糖代りに使う事ができます。いつも作る煮物や卵焼き、生姜焼きなどの定番料理にオススメです。
定番の和食はお砂糖を使う料理が多いので取り入れやすいです。強い甘みが欲しい方はお砂糖の量と半々にしてもいいですね。
トーストに薄く塗って焼いたり、パンケーキにそのままシロップのようにかけたり、コーヒーに入れたり朝食レシピにしてもおいしいです。
プレーンヨーグルトや牛乳に入れてもほんのり甘くなります。ミックスジュースを作る時に一緒に入れてもいいですね。
体重を気にしている方には、オリゴ糖を使ったスウィーツなら罪悪感が少し減りそうです。
お砂糖だと思って使えば様々なレシピに万能に活躍してくれます。お腹の調子と相談しながら量を調節してくださいね。
美味しく食べられてお腹も整えてくれるオリゴ糖。皆さんも色んなレシピを考えてみてくださいね。

003

子供に最適なオリゴ糖摂取量は?

便秘対策に人気のオリゴ糖ですが、子供の場合の摂取量は大人の半分が目安です。
今では、便秘に悩むのは女性だけでなく、年齢や性別に関係がなくなっています。
しかし、大人ならまだ市販の薬も使用できますが、子供の場合はできれば自然のもので改善をしたいと考えるものです。
オリゴ糖の原料は、天然由来の自然のものでできています。そのために、子供だけでなく妊婦や乳幼児でも摂取量を守ることで取ることができる安全なものです。
また、気になる副作用もオリゴ糖にはありません。ただ、過剰に取ることでお腹が緩くなることはあります。
子供に与える摂取量は3~4gで、スプーンで少なめ1杯くらいの量から試すといいです。
与えるタイミングは特に決まりはなく、朝のヨーグルトにいれてもいいですし、お昼のおやつのときでも大丈夫です。
そして、おすすめは一度で取るのではなく、一日何回かに分けて取ることでさらに効果がでてきます。
一緒に取るといい食品は、やはりヨーグルトが一番ですが、後はホットココアやオリーブオイルもいい組み合わせです。
オリーブオイルは、意外と思われますがココアに入れることで膜を作りまた腸内の滑りを良くするので出やすくなるサポートをします。

004

赤ちゃんにはいつからどのくらいの量がいい?

赤ちゃんの便秘。これが意外に多く、悩んでいるお母さんもいるのではないでしょうか?便秘で苦しんでいるのはかわいそう。
病院に行けば赤ちゃんでも飲める薬を処方してもらえます。でも薬を飲ませるのは何となく心配。
そんな時はオリゴ糖を試してみるのも手です。いつから大丈夫かと言うと0歳の赤ちゃんでも安心です。
白湯や離乳食に足してみたり、ヨーグルトなんかに入れると食べやすいですね。量の調節は大事です。
いきなり沢山あげずに、少しずつ量を見ながらあげてください。小さじ半分くらいの量からがオススメです。
うちの子も赤ちゃんの時、便秘で悩んでいたのでオリゴ糖飲ませていました。甘いので何かに混ぜてしまえば嫌がらずに口にしてくれます。
速攻の効き目はなくても、継続すればいつからか自然にお通じがくるかもしれません。
スーパーなどで売っているオリゴ糖は、砂糖が入っていたりするので注意が必要です。
割と通信販売だと純度の高いオリゴ糖が手に入ります。ただちょっとお値段張りますけどね。
通販だと粉末タイプもあります。赤ちゃんでもOKだけど、いつからあげるかお母さんがきちんと判断して見守りながらあげてください。
より自然な形でお腹が整ってくれるといいですね。

005

関連サイトのご紹介

オリゴ糖を取り入れることで、便秘に効果が期待できるということを紹介しました。
もちろん、お通じの状態が良くないなら、他の方法も併用していくのがポイントになってきます。
お通じの改善に関しての別の情報が知りたいなら、1つお役立ちサイトを置いておきますので、ご参考に。
関連サイト「酵素ダイエットと断食|効果ある食べ物や下痢になる理由も解説